エクセルシア大山校|大山駅周辺の小学生・中学生・高校生の学習塾

大山駅周辺の小学生・中学生・高校生の学習塾なら、『完全1対2指導制』のエクセルシア大山校へ!

教室のご案内お知らせブログ ≫ 私立日本大学豊山女子高等学校の偏差値・・・(1) ≫

私立日本大学豊山女子高等学校の偏差値・・・(1)

大山駅周辺の小学生、中学生、保護者の皆様
大山の個別指導塾エクセルシア大山 教室長の山木です。

今回からは、私立日本大学豊山女子高等学校の偏差値から受験合格を考察していきます。

日大豊山女子高等学校は、日本大学の正付属校として唯一の女子校と いうこともあって、
とても人気のある高等学校です。

最近また日本大学は、不祥事事件を起こしていますので、
賛否両論あるとは思いますが、まだまだ抜群に人気のある大学ですので、
(特に地方では)付属の中学、高校はとても人気が高いです。

どちらかと言うと、日大進学の保険的に受験するといった生徒さんが 多いといった印象です。
高校で成績が上がれば、もっと良い大学が目指せるし、と言うところでしょうか。


コースも3つに分かれていて、
A特進クラス、N進学クラス、数理Sクラスとあります。

A特進クラスは、国公立大・難関私立大に対応しているクラスで、
高2で大学入学共通テスト範囲を完成とあります。
合格実績も、慶應義塾大学、東京理科大学、学習院大学、
法政大学、明治大学と 有名私立大学合格者を出しています。

偏差値も63ということで、合格するにはそれなりに努力を必要とします。


N進学クラスは、日本大学への進学を対応しているクラスで、
90%の生徒が日本大学をはじめとする
4・6年制の大学に現役で進学しているそうです。
中には、青山学院大学、立教大学、明治大学、法政大学合格者もいるそうです。

偏差値は59ということで、こちらもなかなか難しいところです。


理数Sクラスは、理数のスペシャリストを育成するクラスで、
医療系大学にも高い実績があるそうですので、
医療や科学の研究者を目指している生徒さんには、ピッタリなクラスです。

偏差値は61ということで、理系の生徒さん達にはちょうどいい数値でしょう。

いづれのクラスであれ、Vもぎのような模擬試験で
平均60〜65の偏差値 でなければ、合格は困難なようです。

過去問を見ても、決して簡単な問題とは言えませんので、
一般入試の生徒さんは 相当しっかりと勉強しなければなりません。

今回は、一般入試の生徒さんを対象にお話を進めていきます。

先ず、入学試験の内容は 第1志望優遇、第2志望優遇、一般に分かれています。

第1志望優遇は、本校を第1志望とする者とされており、
対象はN進学のみの募集です。

第2志望優遇は、他校を第1志望とする者とされており、
N進学、A特進、理数Sの全てが対象となっています。

一般も、N進学、A特進、理数Sの全てが対象です。


募集人数は、A特進、N進学が100名、理数Sが40名となっています。

出願資格として、

第1志望優遇は、9教科の評定が全て2以上で
「5教科の合計が17以上」の者となっています。

第2志望優遇は、推薦入試「B推薦」
の推薦基準を満たす者となっています。

因みに一般は、2022年中学卒業見込み、
または中学校既卒の女子とあります。

倍率は、A特進が1.0倍 N進学が1.2倍 数理Sが1.7倍となっています。

この情報を元に、受験合格を考察するならば、
偏差値60〜65をどのようにして 獲得していくかと言う事になるでしょう。
偏差値60以上は、上位15.866%と言われていますから
単純計算で、100名の学校でしたら15位以内にいなければなりません。

テストの点数で言えば、定期テストで平均80〜90点以上、
模擬試験で平均80点以上は必須です。

こう考えると、なかなか手強い学校という事になりますが、
必ず攻略法はあるものです。


次回からは、各科目についての傾向と対策をお話しいたします。
2021年11月17日 18:58

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

東京都板橋区
大山町47-5-2F

【電話】
03-5926-8900

【定休日】
日・祝日

ブログカテゴリ

モバイルサイト

エクセルシア 大山校スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら